ケージが一番安心な場所

海老家の愛猫みかちゃんと息子のレウスの日々の出来事

ケージに逃げたら絶対にさわらないと教えた結果

みかちゃんがいまいるケージは、先代猫が数日使用したのが家にあったのでそれをつかいました。

 

先代猫は21才のときに歩行が困難になったのですが、それでも高いところから飛び降りようとしたり、おしっこをもらすようになってしまったので犬用のケージを用意したのですが、イヤがってはいってくれませんでした。

 

病院に相談したら、イヤがってはいらないのは ケージに慣れさせてないから だといわれました。

 

あとはケージは病院でペットホテルとしてしか利用することがなかったので、そのせいもあるのかもと。

 

ケージでの生活になれさせておくことが大事だなと 先代猫の時に学んだので、みかちゃんは早めにケージになれさせるようにしました。

 

はやく慣れさせるにはどうしたらいいだろうと考えて、

 

  ケージの中にはいったら絶対にさわらないというルール 

 

をつくりました。

 

お友達が遊びにきたりしたときや、小さな子供がきたときも、ケージの中にはいったら絶対さわらないでとお願いしました。

 

それがよかったのか 悪いことをしたあとはケージに逃げるようになりました

 

  ・・・よかったのか?

 

みかちゃんはまだ若くて健康なので犬用のケージだとかわいそうかなと思い、もうすぐうちの子になって3年を記念していまさらですが猫用のケージを購入することにしました。

 

みかちゃんは布団でおしっこをするので、寝るときはケージです。

 

あとゴミをあさったりするので外出するときは基本的にケージ。

 

ケージにいる時間が長いので2段のものを買おうと思い息子と実物を見に行きました。

 

 

ペットショップにいくと2段のケージが1つだけあり、子猫が楽しそうに遊んでいました。

 

息子は、最初 これいいねー とかいってたのですが、何やら考え出したのできいてみると

 

この中にいるのは子猫だからいいけど、みかちゃんだと倒れないかな・・・

 

 

・・・倒れるかもしれない

 

多分倒れないとはおもうのですが なんとなく嫌な予感がしたので 結局1段にすることにしました・・・。

 

ケージ,安心な場所

 

失礼ね。そこまで太ってないわよ

 

みかちゃん
うちの子になって1年目のプレゼントは

 

 

破壊されてもうないんですが・・・

 

ケージは大切にしてくれることをねがうばかりです。

 

その前に  つかってくれるのかしら・・・

 

 

  追記

 

ケージはアイリスオーヤマさんで購入。

 

設置したときの記事はこちらから ちゃんとつかってくれましたよー

 

購入したのはこちらの商品です

 

 

 

page top