東京のコインパーキングでペット火葬をしました

海老家の愛猫みかちゃんと息子のレウスの日々の出来事

愛猫が亡くなりペット葬儀110番で火葬をお願いしました

海老家の愛猫たきちゅうが亡くなったとき 【ペット葬儀110番】
 にお願いをしました。

 

たきちゅうは21才で老衰だったのですが、亡くなる前に目が白く濁り、もうダメかな・・・というのがなんとなくわかったので前もってペット葬儀を調べておく心の準備ができていました。

 

数あるペット葬儀でペット110番を選んだ理由のひとつは 遺骨を返してもらえること です。

 

たきちゅうの前にも海老母が結婚前に飼っていた猫がいましたが、当時はペットの火葬は合同で遺骨をかえしてもらうことができませんでした。

 

田舎の山の中にある合同のお墓に埋葬したので、引っ越しして車のない生活の今ではお墓参りにいくことも困難です。

 

今後も引っ越しをしたらまたお墓まいりに行けなくなってしまうのと、あとは最近ペットとはいれるお墓がふえてきたので、そちらを購入して埋葬しようかなと。

 

 

ペット葬儀のことを調べるくらい余裕があったと思っていましたが、亡くなってすぐは頭が真っ白になり現実をなかなかうけとめられませんでした。

 

葬儀の手配をしてしまうと火葬しなくてはいけない・・・火葬したくない・・・でもこのままじゃいけないの繰り返し。

 

どのタイミングで連絡をしたのかは覚えていませんが 【ペット葬儀110番】
 は連絡をしてすぐにきてもらえました。

 

ペット110番ではプランは3つからえらぶことができました

 

 お迎え→合同火葬→埋葬

 

 お迎え→個別火葬→埋葬

 

 お迎え→個別火葬→お骨上げ→返骨

 

 

海老家は お迎え→個別火葬→お骨上げ→返骨 のプランを選び 価格は猫だと22000円でした。

 

海老家近くのコインパーキングにきてもらい、そこで火葬することになりましたが  

 

 こんなところで火葬をしてもうるさくないだろうか? 大丈夫だろうか? 

 

と不安もありましたが 

 

 多少音はするものの煙もなく 火葬をしている車にはみえませんでした

 

 

ペット葬儀社の方はいい意味で事務的な人がきてくれました。

 

先ほども前に地元で合同火葬をしたと書きましたが、その時は葬儀してくれる人に先代猫の事を色々きかれて、思わず火葬場で号泣・・・。

 

その時はまだ火葬場だったのでよかったのですが、今回は海老家近くのコインパーキングだったので、ここでは号泣できないと我慢していました。

 

今、優しい言葉をかけられたり、猫の事をきかれたら泣く・・・とドキドキしていましたが、きかれたのは 体重どのくらいでしたかね? とか

 

体重によって火葬時間がかわるのか、その確認と ダンボールやタオルはいれないでほしい といわれたくらいでした。

 

火葬は1時間かからないくらいだったと思います。

 

火葬がおわると連絡がきたのですが、海老母は火葬前はわりと気丈だったのですが火葬がおわったという連絡がきたら急に吐き気がするほどつらくなり、お骨上げをすることができませんでした。

 

結局お骨上げは海老父がしてくれて、海老母は自宅で座って待っていました。

 

お骨上げしないプランあるので、お骨上げが無理ならそちらをおすすめします。

 

また都内だと海老家のようにパーキングで火葬になると思うのですが、泣いても大丈夫な場所があるならペット110番をおすすめします。

 

海老母は申し込みをするとき、音がうるさくないかとか煙の心配ばかりで、自分がどうなるかとか考えていませんでした。

 

今から思えば、よく泣かないでたえられたなと・・・

 

もし万が一のことがあれば、ペット葬儀110番でお願いするつもりですが、火葬場所は人通りの多い自宅近くではなく、ちょっと離れたあまり人がとおらない
ところでお願いしようと思っています。

 


page top