酔い対策にハードタイプのグミはダイエット効果もありおすすめ

海老家の愛猫みかちゃんと息子のレウスの日々の出来事

子供が乗り物酔いする前にハードタイプのグミを食べさせています

海老家の小学生の子供は週に2〜3回バスで習い事にいきます。

 

また土日のどちらかバスでお出かけすることもよくあります。

 

子供は電車で酔うことはないのですが、何故かバスで移動するとかなりの確率で酔ってしまい、一時期はバスを怖がるほどでした。

 

海老母も乗り物酔いするのですが何か食べていれば酔いにくいので、子供にもバスに酔う前から何か食べていれば酔いにくいのでは?と説明しました。

 

その後、実際にバスに乗り、飴を切らすことなく口にいれていたら酔わなかったそうで、それ以来必ず飴をもってバスにのるように。

 

でも飴だと子供は噛むくせがあり、バスには往復で約1時間半乗るのですが毎回飴が10個以上必要になります。

 

もっといい食べ物はないかと調べたら ハードタイプのグミなら噛み応えもありダイエット効果も期待できる ことがわかりました。

 

それ以来ハードタイプのグミを食べて乗り物酔いをのりきっています。

 

 

そんな子供がおすすめするグミはこちら

 

  ブルボン フイットチーネグミ
グミ,ダイエット,酔い対策

 

夏でもベタベタになりにくく、コンビニでもたいてい買え、どれを食べても口の中がさっぱりして酔いにくいそう。

 

一番好きなのは過去に限定で販売された はちみつレモン だそうなので、是非通常販売になってくれる事を願います。

 

 

  meiji 果汁グミ
グミ,ダイエット,酔い対策

 

こちらもコンビニでたいてい買える商品。

 

パインは乗り物酔いになりにくくおすすめだけど、マンゴーは食べてると口の中がさっぱりしないそうで、味は甘くて美味しいけどバスではちがうのを食べたいかな と。
果汁グミは甘いシリーズがおおいのですが、たまにすっぱい果物もあるのでみつけたら必ず買うようにしています。

 

 

  kabaya シャカシャカグミ
グミ,ダイエット,酔い対策

 

シャカシャカグミは中にパウダーがはいっているのでパウダーをいれる前といれた後の味のちがいがたのしめます。

 

なかなか売っていないのですが、シャカシャカグミのように遊び心のあるグミは、グミに夢中になるようで酔いにくいようです。

 

他にも 2つの味が違うグミを一緒にたべると味がかわる などのシリーズがあり、みつけたら必ず買っています。

 

バスが人でいっぱいのときなどにはグミではなくラムネを食べるときもあります。
グミ,ダイエット,酔い対策
最近発売されたパインラムネは口にいれるとパインのさっぱりした味がひろがるそう。

 

バスがこんでるときなどグミが食べにくいなと思うときには、こちらを食べさせています。

 

あと酔いにくくはなったけど万が一のために、つねにエチケット袋は持ち歩いてます。
グミ,ダイエット,酔い対策
2才以降は一度も吐いたことがないので大丈夫だと思うのですが、念のために持ち歩いてます。

 

 

小学校での行事でバス遠足などのときには、乗り物酔い薬をのませ、エチケット袋をもたせてます。

 

最近では子供用の乗り物酔い薬も豊富で、夏に旅行にいったときは子供と大人どちらものめるこちらの薬を購入しました。

 

 

子供が乗り物酔いしやすいと大変ですよね。海老家の子供のように出かけるのがこわくなったりなんてこともあります。

 

お子さんが楽しくおでかけできるようこの記事がやくにたつとうれしいです。

 

 

page top