フィットボクシング1と2の違い

愛猫みかちゃんと小学4年生の息子のことを中心にかいたブログです

フィットボクシング2購入の決めては追加されたうれしい要素でした

海老家では毎日フィットボクシングもしくはリングフィットアドベンチャーを毎日プレイしています。

 

フィットボクシング2の発売が決まったときは、すぐに購入しようと思ったのですが、正直まだ1が毎日続くほどのハマりっぷりで、フィットボクシング2は買う予定はまったくありませんでした。

 

でもある理由でものすごくほしくなり、ずっと購入していなかったフィットボクシング2を2021年1月に購入しました。

 

 

フィットボクシング2の購入の決めて

 

その購入の決め手になった追加要素。 

 

それは・・・

 

二人同時プレイが可能になったこと

 

1も二人でプレイできなくはなかったのですが、1つのジョイコンを二人で片方ずつもってプレイする仕様でした。

 

でも2からは一人で一つのジョイコンをもち、並んでプレイすることが可能に。

 

 

やり方はとても簡単。

 

 

デイリーもしくはフリーの選択画面で写真の赤い〇をえらびます。

 

 

一緒に遊ぶユーザーを選び

 

 

ジョイコンを選択

 

ふたりでプレイしたあと、二人目で選択したユーザーの画面にすると

 

 

二人プレイに参加した際の運動記録がマイデータに保存されます。

 

スコアは表示されないので、自分の画面で確認すると

 

 

このようにプレイ回数はカウントされているのですが、スコアはついていません。

 

この時は☆3だったので、自分の画面につかないのは残念ですが、子どもと一緒にできるのは楽しいので毎日並んでプレイしています。

 

 

ステップを除外できるのでマンションでも大丈夫

 

海老家はマンションなので、下への騒音がとてもきになります。

 

リビングでマットを敷いてプレイしているのですが、子どもは興奮すると必要以上にとぶことがありプレイ中に注意することも。

 

なのでステップは除外してプレイしています。

 

 

除外するにはデイリーで特定のアクションがでなくする方法と

 

 

アクションを補助する方法があります。

 

 

海老家ではステップを自動判定にして、子どもにはステップの時には何もしないかジャブかストレートをだしたらどう?

 

と提案しました。

 

はじめは戸惑っていましたが、すぐになれました。

 

 

 

トレーナーが英語で励ましてくれる

 

フィットボクシング2では声優さんが豪華だと話題になっていましたが、最近の海老家では英語モードを活用中。

 

英語モードでも日本語の字幕がでるので、何をいってるのかはわかります。

 

最近英語を頑張っている子どもは、英語モードに切り替えトレーナーが話したことを繰り返して話しながらやってます。

 

私は息はくのに必死なので、真似できません。 若いってすばらしいですね・・・。

 

 

特に子どもがお気に入りなのが新トレーナーのヒロ

 

トレーナーが

 

  息はいて シッシッ

 

ってよくいうんですが、ヒロはシッシッのところを何故か

 

  ダーンダーン

 

といってます。

 

私にはダーンダーンと言ってるように聞こえますが、息子は

 

  ダーンワーン

 

っと聞こえるようです。

 

どちらが正しいんでしょう。 是非きいてみてください。

 

 

 

フィットボクシング1の継続日数が2で引き継げるようになりました

 

最近のアップデートで継続日数の引き継ぎができるようになりました。

 

 

海老母はフィットボクシング1からずっと続けているので、継続日数が引き継げるのはうれしい。

 

さっそく引き継いでみると

 

 

フィットボクシング1と2の累計にかわりました。

 

本当なら継続日数は100日こえてるはずなんですが、あつ森で時間をいじってそのままプレイした時があり43日になってしまいました。

 

時間はいじっちゃだめですね・・・。

 

 

 

フィットボクシング2の購入はダウンロード版がおすすめ

 

普段はソフト購入する海老家ですが、フィットボクシング1ダウンロードで購入しました。

 

毎日少しずつプレイするので、ソフトの入れ替えがあるとこれだけでめんどくさいかな?という理由でダウンロードにしましたが、これが大正解

 

海老家のようにお子さんとswitch共有ならダウンロード版がおすすめです。

 

 

 


page top