コンタクトをしたまま寝て視力を回復するオルソケアトロジー

いつもは猫ブログをメインに書いていますが、日曜は小学生の息子レウスの事を書いていこうと思います。

 

4月に小学校の眼科検診があったのですが、息子の視力は両目とも0.3と診断されました。
メガネはどうしてもイヤだというのでネットで視力回復についてしらべていたら、

 

夜寝てる間に装着して朝になると視力が回復するというコンタクトレンズ

 

があることをしりました。

 

さっそくそのコンタクトレンズ オルソケアトロジー をはじめることにしました。

 

オルソケラトロジーをはじめるには、取り扱いをしている眼科をさがして予約するところからはじまりました。

 

眼科を探して電話すると、最初の検査で3時間ちかくかかるので午後からなら3時にきてほしいといわれました。
土曜の午後は2カ月近くいっぱいだったので、水曜4時間授業の日があったのでそこで予約。

 

小学生は夏休みからはじめる家がおおいそうです。

 

3時に眼科につくとまず視力などの検査。ここでは0.7といわれました。
あれ?あがってる・・・

 

検査の後は先生の診察だったのでその話をすると、学校の検査は簡単におわるのでしっかりはかると学校の検査よりも視力があがる子供がおおいそうです。なるほど・・・。

 

それでも0.7なので、オルソケラトロジーの検査はやってみることにしました。
病院により多少のちがいがあるようですが、うちがやったのは

 

視力検査など

診察と説明

オルソケラトロジーのレンズをつける

診察

レンズをつけた状態で15分目を閉じる

診察

レンズをつけた状態で45分目を閉じる

診察

レンズをはずして視力検査

診察

 

 

というながれでした。何回も診察があるからながいようです。

 

 

Dr.Dekisugi

 

 

レウスはもちろんコンタクトレンズははじめてなので、いれてもらうときにレンズがちかづいてくると何度も上をむいてしまってなかなかできなかったのですが、1度いれたら痛くなかったらしく、それからはスムーズにできました。

 

レウスは全然平気だといっていましたが、この段階で痛がってできなくてやめてしまう子もいるそうです。コンタクトレンズいれるのはよかったのですが、この後1時間目を閉じていなければいけないのがつらかったみたいで、退屈ーあきたーまだーと何度もぶつぶついってました。

 

そして1時間後の視力検査では0.7だったのが1.2まで回復。
レウスは壁をゆびさしながら、

 

さっきまでぼやけていたあのポスターの文字がよめる

 

と感動していました。

 

最後の診察でどうしますか?ときかれたときは、やりたいやりたい!!と。
申し込みと同時にしはらいなので、購入手続きをしてその日は終了。
こんでいたせいか診察でまたされるときもあり、3時間20分かかりました。

 

来週に続きます。

 

そうそう、回復した視力ですがレウスいわく2日間続いたようです。

 



トップへ戻る