ベースカーブが目の大きさにあわない

コンタクトのサイズを変更しました

オルソケアトロジーのコンタクトのサイズがあわなくて3カ月で交換しました

レウスのオルソケアトロジー3カ月定期検診の時、右目のコンタクトを交換をしてもらいました。

 

右目はコンタクトのベースカーブと目の大きさがあっていないのか、朝起きると左下の鼻の近くに移動していることが何度もあったので、かえることにはまったく問題がなくこれに同意。

 

1週間後に新しいコンタクトレンズになりました。

 

新しいコンタクトレンズは見た目や人差し指にのせたときでは前のコンタクトとなにがかわったのかわからなかったのですが、目にいれてみると前のコンタクトレンズに比べて2ミリくらい上にのるかんじでした。

 

レウスはそれがわかるのか、 

 

痛くはないけども・・・なんかずれてる感じがする・・・

 

としきりに目をきにしていました。寝ているときもそれが気になるのか無意識でこすっていたようで、朝になるとコンタクトレンズは黒目から半分くらいずれたところにあり、目も真っ赤でした。

 

念のためにと、目にトラブルがあったときのために目薬を処方してもらっていたのでその日はそれをさして様子をみることに。

 

夜になりコンタクトレンズをつけるときには、朝は真っ赤だった目もおさまっていたので、夜はコンタクトレンズを装着。

 

痛みもずれている感じもないといっていました。

 

朝おきて確認したときも目の上にのっていたので安心したのですが、コンタクトレンズをはずしたあとにレウスが

 

なんか右目だけ文字がぼやけてみえる・・・

 

といいました。

 

さいわい左目はもんだいなく視力も1.5でているようなので、黒板はみえるだろうとのこと。

 

その日は水曜日で、レウスの通っている眼科はお休みの日だったので、明日もぼやけるようなら眼科にいくことに。

 

水曜の夜もコンタクトレンズをつけ、木曜の朝にコンタクトレンズをはずしたあと見えるかきいてみたら、両目ともよくみえるというので、眼科はやめることに。

 

結局トラブルがあったのは最初の2日だけで、この後は4カ月検診までもんだいありませんでした。
結果的には交換してよかったです。

トップへ戻る