鉛筆を正しくもてるようにグッズをつかっています

鉛筆の持ち方はつねにチェック

鉛筆を正しくもてるぷにゅグリップなどの紹介

息子は幼稚園〜小学1年生の4月までは正しくもてていましたが、6月くらいだったでしょうか、宿題をしているときになにげなく手元をみたら鉛筆が正しくもてなくなっていました。

 

勉強で字を書くことがふえてきたせいか いつのまにかもてなくなっていた ようです。

 

夏休みにはいるまえ小学校で保護者会があったのですが、先生もおなじことを指摘しており、半分近くのおこさんが鉛筆を正しく持つことができなくなっているといっていました。

 

一度クセになってしまった持ち方はなかなかなおらなく、小学校3年生までにはなおせるように家庭でもみてあげてほしいと。

 

1年生の春までは正しくもてていたので、さすがにそこまではかからないだろうと思っていましたが、3年生がおわり4月から4年生の息子の持ち方は正しく持てたり持てなかったりしています。

 

みていると最初は正しくもてているけど 勉強に集中してくると正しくもてなくなる ようです。

 

家では注意すればすぐになおりますが、鉛筆をずっと持つのは小学校なので、学校でもちゃんと持てるようにと対策をしました。

 

最初に購入したのが トンボのもちかた鉛筆

 

なみラインに手をあわせるだけで正しくもてるという鉛筆

 

鉛筆,正しい,持ち方
意識してもつと常にちゃんと持てるのですが、勉強に集中してしまうと持ち方のことを忘れてしまうらしく、1ダース使用しましたがもちかたはなおりませんでした。

 

でも指をどこにおくのかがわかりやすいので 一番最初に購入する鉛筆としてはおすすめ

 

もちかたえんぴつですが、普通の鉛筆としても使いやすく芯も途中でおれることが一度もないので、もちかたはなおらなかったけど2ダース追加で購入しました。

 

鉛筆ではなおらないと思ったので、クラスで流行っていた クツワのプニュグリップ を購入しました。

 

ソーダのにおいつきにしましたが、息子はいいにおいだと喜んでいましたが、海老母にはくさかったです・・・

 

におい無しもありました。

 

鉛筆,正しい,持ち方
このようにして鉛筆につけてもちます。

 

ぷにゅグリップは鉛筆につけた状態で筆箱にいれることができ、また息子のかよっている学校では使用OKだったため、鉛筆をちゃんともてている子供もつけているほどの人気商品。

 

息子は持ち方がなおりませんでしたが、まわりはこれでなおる子供がおおいときいたので値段も安いし試してみるのをすすめます。

 

息子は指がうごかせないくらいの矯正じゃないとなおらないとわかったので、最後は Firesara ペングリップ を購入

 

鉛筆をつかむ指がホールドされるので、常に正しく鉛筆をもてます。

 

鉛筆,正しい,持ち方
ずっと使用していても手が疲れないのもおすすめ。

 

ただ筆箱にはいらないのが残念。キャップをつけてファスナータイプの筆箱にいれるのも考えましたが、ペングリップの位置をさげないとキャップがつきません。

 

キャップをはずす→ペングリップの位置を調節する というのが息子にはめんどくさいらしくて学校では使用できず・・・。

 

あと鉛筆を削るときにはずさなくてはいけないのも学校にもっていきたくない理由のようです。

 

でもこれを使うようになってから、クーピーなどペングリップなしでもっていてもきちんと持てることがおおくなり、注意の回数もぐんと減りました。

 

自宅でもちかたをなおすなら是非ためしてみてください。

 

こちらの Firesara というメーカーは他にも様々な鉛筆のもちかたを矯正する商品がでています。

 

 

こちらは右手用

 

息子は鉛筆が正しくもてなくなったころから、幼稚園のときから完璧につかえていた箸もきちんともてなくなってきました。

 

次回は箸の持ち方についてかきたいと思います。

 

 

スマイルゼミのペンは太くてもちやすく、長時間きちんともてています

トップへ戻る