猫が紐と手袋を食べてしまい腸閉塞の危険もありレントゲン撮影

猫が誤飲して毎日うんちを調べました

猫が紐と手袋を食べてしまい腸閉塞が心配で病院でレントゲンを撮影しました

みかちゃんは猫じゃらしを食べてしまう危険があると前回書いたのですが、柔らかい布とかおくちにはいるものはかなりの確率で食べようとします。

 

猫,紐,腸閉塞
一番おおきなものは、私の手袋です。

 

これは玄関においておいたのですが、いつの間にか半分なくなっていて、腸閉塞が心配だったので動物病院へつれていってレントゲンをとりましたがもう消化されたあとなのかうつりませんでした。

 

病院の先生は、毎日うんちを検査するようにいわれたので毎日調べた結果。3日目くらいから手袋らしきものの細切れがみつかりだしました。

 

どうやら細かくかみくだいて食べていたようで、うんちからでてきた細かい毛糸を手袋のかたちになるまで調べるという大変な作業をしました。

 

猫,紐,腸閉塞
6日までにすべてが揃いました・・・

 

この件で、毛糸もダメだと学びました。

 

 

それからしばらくは気をつけていたのですが、手袋から約1年後に今度は息子レウスの給食袋の紐が食べられました。

 

残っていた紐の長さをはかり、なくなった分を調べたら12pほど足りないことが判明。

 

この時はなくなってすぐにきがついたので、嘔吐させようと口の中に手を突っ込んで調べましたが何もなかったので、すぐ動物病院に連絡しました。

 

状況の説明をしているときに、先生からもし口の中から 紐がみえても何にからまっているかわからないので絶対にひっぱらないように そのままでつれてくるよう指示されました。

 

病院について先生もすぐ口の中をみましたが、なにもなかったので、またレントゲン撮影をすることに。レントゲンをとっても紐はうつりませんでした。

 

翌日からは先生が出張でいないといわれ、レントゲン渡すからもし何か症状がでたら違う病院にいくよう指示されました。

 

不安になりながら今回も1週間ほどうんちを検査したのですが、紐はまったくでてきません。

 

もしかしたら食べていなくて部屋に落ちてないか?といわれ部屋中をさがしましたがみつからないままでした。

 

1週間も経過していればなんらかの症状があらわれるだろうけど、今回は大丈夫だろうということで診察は終了しました。

 

その時もらって帰ってきたレントゲン写真はこちら。この時の料金は診察代を含め8000円でした。

 

猫,紐,腸閉塞

 

猫,紐,腸閉塞

 

レントゲン写真を写真にとるのはむずかしく、ピンボケにならないと自分がうつってしまい、うつらないように撮影するとピンボケになるのどちらかでした。

 

レントゲン写真は先代猫の時にも何度かみましたが、老猫だったために骨と骨と隙間がバラバラで、骨もかたむいていましたが、みかちゃんはさすがに若いだけあり骨がきれいです。

 

猫,紐,腸閉塞

 

骨がきれいってなんなの?

 

この色々たべてしまう癖は、うちの子にした直後からあったので動物病院の先生にも相談したのですが、ご飯をお腹いっぱい食べていても食べてしまう子はいるらしいので、なおすのは難しいから、飼い主さんの方で予防するしかないといわれました。

 

なのでゴミ箱をみかちゃんがあけられないものにかえたり、こまめに掃除機をかけてゴミをおとさないようにして予防していきたいと思います。


トップへ戻る