猫のおしゃべりはさわがしく、息子がしずかだとこわい

今日は雨で肌寒い海老家です。

 

みかちゃんは

 

猫のおしゃべり
何もいない空間と

 

猫のおしゃべり
楽しくおしゃべりをしていました

 

・・・怖いわ!

 

みかちゃんはもともとあまり鳴かない猫だったきがするのですが、海老家の母、父、息子レウスがガンガン話しかけるので今ではすっかりおしゃべりな猫になりました。

 

よく窓の外をながめて話してるのはみかけるのですが、今日はけっこう強い雨がふっているので鳥などもとんでおらず、何にはなしかけてるのかさっぱりわかりません。

 

 

 

何にはなしかけてるかわからないといえば、レウスが2才か3才のとき、たまになにもない天井をじっとながめたりしていました。

 

 なにがいるのよ!

 

と思ったのですが、こんな時はその話題をふってはいけないときいたので、我慢してスルーしていました。

 

こちらはスルーしていたのですが、ある日、食事を机の上に置こうとすわろうとしたとき、レウスがいきなり

 

 そこに座っちゃダメ。おじいちゃんがねてるから

 

と怒られました。おじいちゃんて・・・

 

ドキドキしたし、詳しくききたかったのですが、そうなんだ・・・とがんばってスルー。

 

そしてある日事件が。

 

その日海老母は体調が悪くて、レウスはリビングに、海老母は別の部屋で寝ていたのですが、しばらくするとレウスが横にすわっていました

 

どうしたの?

 

ときくと、

 

 おじいちゃんが、この部屋にいちゃダメだっていうからこっちにきた

 

 

その時、かなりの高熱がでていてフラフラだったのですが、熱もふっとぶ驚きでした。残念ながら熱はとびませんでしたが

 

最初、泥棒でもいるのかと思い、携帯を片手におそるおそるリビングの扉をあけると、室内がとても暑いのです

 

何月かはわすれましたが、その日はとても暑くてクーラーをいれていたはずなのですが、なにかのはずみで切れてしまったようなのです。

 

このままもしレウスがリビングで遊んでいたら熱中症になっていたでしょう。そう思ったら、なんだかこわくなくなりました。

 

熱がさがってから、おじいちゃんが誰なのか知りたくなり、亡くなったおじいちゃんやおじさんの写真をみせましたがいないといわれました。

 

結局あれは誰だったのか、今でも謎です。レウスはその時のことを全く覚えていません

 

最初はこわかったですが、今はいい思い出?となりました。

 

 

そんな昔の話をかいていたら、みかちゃんは

 

猫のおしゃべり
いつの間にか椅子で寝ていました

 

今日も海老家は平和?でした

 

 

トップへ戻る