イライラとほてりとだるさが続く更年期の症状

更年期でツムラの漢方をのみはじめました

体が暑く夜寝られなくなりだるさが続いたので内科を受診すると更年期と診断されました

最近、寝ようとすると身体がすごくあつくなり、寝れない日が続いたりして、日中だるかったり、ボーっとしたりすることがふえてきました。

 

小学生の子供が夏休みだったのと、暑い日がつづいてたせいかなと思っていたのですが、学校がはじまってからも続き、気温が高くない日も同じような症状がでるので内科でみてもらったところ、年齢的にみて、おそらく更年期でしょうといわれました。

 

更年期・・・更年期・・・

 

更年期,イライラ,漢方薬

 

更年期でもごはんわすれないでね・・・

 

今のところ夜中にあつくなり寝れなくなる症状だけなのですが、寝れないのがつらいのでツムラの加味逍遥散のみはじめたのですが、なぜか長年つらいおもいをしていた坐骨神経痛がピタッとおさまりました

 

腰痛は身体を動かす方がいいみたいですが、ちょっと動くだけで足先まで痺れることもあったのでそれがこわくて柔軟とかはあまりやっていませんでした。

 

でも、漢方をのみつづけていると痛みがないので、煮物をつくっている間身体を動かしたりとか、動ける範囲で動いていたら腰痛もおさまってきました。

 

腰痛には効果があるようですが、ホットフラッシュには効果がでているのかなと心配になるときも

 

あと海老母は9年前に妊娠して出産の時に筋腫をとりのぞいてもらっています

 

それも影響しているのかなと。

 

それを相談しに雨の中、今度は内科ではなく婦人科へいってきました。

 

婦人科では、がん検診と、血液検査と、エコー検査をして後日検査結果をききにいくことに。

 

 

1週間後、受診した結果は、子宮に病気はなく更年期でしょうと。

 

加味逍遥散は漢方薬で、のみつづけことで効果がでるので、このまま飲み続けて様子をみてみましょうといわれました。

 

病気でなくてよかったのですが、更年期でまとめられてしまうことに少し不安ものこりました。

 

加味逍遥散だけでは不安だったので、更年期にはルイボスティーがよいときいたので普段の飲み物をルイボスティーにかえてみました。

 

 

このまま調子がよくなるといいなあと思っていましたが、この後、生理が15日も続く症状にくるしむことになりました。

 

その記事はこちらから

トップへ戻る