スマイルゼミの勉強以外の活用法

スマイルゼミの勉強以外の活用法

スマイルゼミの勉強以外の活用法

小学生の息子レウスは、海老母のブログをかいているのをみて

 

 僕も日記が書きたい

 

といいだし、スマイルゼミのタブレットをもちだしてきました。

 

海老家では海老夫の帰宅が遅い日、レウスと海老夫が

 

  スマイルゼミのタブレットでできるラインのような機能を活用しています

 

レウスにはキッズケータイをもたせているのでメールのやり取りはできるのですが、通信料がかかります

 

その点タブレットは Wi-Fiで通信しているので無料 文字もうちやすいみたいです。

 

スマイルゼミ,タブレット
タブレットで一文字ずつ書いていきます

 

スマイルゼミ,タブレット
これを親の画面(スマホ)でみるとこんな感じ

 

そのほかの機能では 写真に文字がかける のがとても気に入っているようです。

 

不満は打ち間違えたときに 訂正できない点 だといっていました。

 

 

そんなレウスの昨日かいた日記?は、レウスがカラスの鳴きまねをしたらでてくるかというものでした。

 

まずカメラの動画モードでカラスの鳴きまねを録音して、それを窓の近くにおいて再生するというくだらない実験でした

 

スマイルゼミ,タブレット
もちろんみかちゃんはスルー

 

だがこりないレウスは何度もカラスの鳴きまねをくりかえして

 

スマイルゼミ,タブレット
とびでるみかちゃんに期待してタブレットをかまえてまっていました

 

5回やってもみかちゃんはでてきてくれなかったので、最後はケージの中にいるみかちゃんを抱っこして

 

みかちゃんがでてきた!

 

と、喜んでおりました・・・。

 

スマイルゼミ,タブレット

 

子供の相手は疲れますよ

 

母はどうコメントしたらいいかわかりませんでした

 

そのほかにも、2018年のスマイルゼミには 年3回特別講座で配信されるプログラミング がありました。

 

2018年は春休みは算数×プログラミング 夏休みは算数・社会×プログラミング×冬休みは音楽×プログラミング が配信されたので

 

スマイルゼミ,タブレット
その中でも春休みの算数×プログラミングを紹介します。

 

スマイルゼミ,タブレット
必ず一番最初はプログラミングの説明からなので どこからはじめても詳しく説明があり はじめてでも大丈夫でした。

 

スマイルゼミ,タブレット
レウスはリットル、デシリットル、ミリリットルが大の苦手でしたが、何度もプレイして理解できるように。

 

スマイルゼミ,タブレット
間違えるとどこを間違えたか教えてくれます。

 

気になるところはなにかきいてみたら 全部クリアしたのに閉じると1からにもどってしまうことかな といっていました。

 

あとプログラミングになれていないとき、ペットボトルの容器で何度も水槽に水をはこんでたようで、早送りの機能がないから、全部みずがたまるのにものすごく時間がかかったそうです。

 

なので 早送りの機能がほしいかな と。

 

何度もやったので、今は最短でできるようになったから、その苦労はなくなったようです。

 

あとは少なすぎてすぐおわっちゃうのが物足りないらしいですが、海老母はおまけ?くらいにしか考えていないので十分かなと。

 

プログラミング対応とかデカデカと宣伝してあってこれなら不満ですが、今のところはもんだいなしです。

 

なので、2018年の時点では プログラミング目的でスマイルゼミを購入するのはおすすめできません が、少なくてもこれだけ楽しめるので今後に期待したいです。

 

資料請求はこちらから 

トップへ戻る