野良猫を飼うことにきめた日のこと

最初に、みかけたのは確か6月のはじめころだったと思います。旦那と息子レウスが、前の猫がおせわになっていた動物病院の近くに、ひとなつこい野良猫がいると。

 

初めて見たときの感想は「でかい猫だな・・・。」くらいにしか思わなかったのですが、動物病院の前をとおるたびにその猫をみかけるようになり、道路でなでるとあとをついてくるようになると「かわいいなー。」と思うように。

 

夕飯の話題が野良猫の話が増えてきて、暇があればネットで猫を探していますの記事をみて、飼い主が探してないかチェックするようになってました。

 

その日は大雨になると予報がでていたと思います。私は野良猫が心配になり、なんとなくレウスと病院の前をとおりました。そうしたらいつものようにスリスリしてきました。

 

ああ、これからこの子は大雨の中お外ですごすんだ・・・と思ったら、なんだか我慢できなくなり、レウスにこれからアレルギー検査をしよう!と。そして大丈夫なら帰りにこの子を拾って帰ろうといいました。
レウスは最初は乗り気だったのですが、検査がすんで大丈夫だといわれると、

 

「やっぱり猫拾うのやめようよ。また死んだらママがなくよ・・・。」

 

と・・・。それをいわれて、迷ったのですが、帰り道で猫を見ちゃうとだめですね・・・。きがついたら抱っこしてました。そして動物病院の先生に連絡をして、「お外にいる野良猫を連れて帰っていいか」と確認したら、大丈夫だといわれ、診察時間外だったのですが病院をあけてくれて必要なものを色々わけてくれました。

 

そのおかげで当日は買い物にいくこともなく、猫につきそってることができました。

 

外でみかけるとゴロゴロいいながらスリスリしてきたのですが、連れ帰ったらどうなるかなあと不安でしたが、机の下にはいりこんだものの、わりとリラックスしてくつろいでました

 

あとで知ったのですが、近所の小学生が自宅につれてかえったりしていたみたいで、知らない家になれていたようです。
でも夜にはまた外にだしていたそうで、猫砂でのトイレは初めてだったようです。

 

1日目はフードは食べたけどトイレをしませんでした。夜も騒ぐことなく、ケージ(これも前の猫のを使用)の中で寝ていました

 

野良猫を飼うまで
連れて帰ってすぐの写真。ちょっとこわがってます

 

そうそう、旦那には何もいわずに本当にいきなり連れて帰ったので、帰宅した旦那がビックリしてました(笑)。

 

トップへ戻る